上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
xer1.jpg

!?

こっ、この実数値は…まさか…!?

xer2.jpg

「この ポケモンが
 めざめるパワーを おぼえたら
 タイプは 『じめん』!」

xer3.jpg

そして各ステータスにアイテム2個分投与した際の数値は上の通り。



…結論から言いますと、ゼルネアスを1日厳選した結果、

31-31-31-30-30-31 

というめざパ地面の理想個体を見事ツモることに成功しました。
(特殊一本の予定なので、厳密にはAは小さいほうが良いのですが)

フェアリー技が通らないタイプは炎、鋼、毒なのでめざパ地面の相性はバッチリ!
文句なしの採用でした!('∀')

…1つ不安な点があるとすれば、マイチェンが出たらゼルネアスが教え技でだいちのちからを覚える気がしてならないということですが…w



ということで、無事にゼルネ厳選も終わりストーリークリア。
今度こそ国際孵化にとりかかれますね!
誰の色違いに挑戦してみようかなぁ…!('ω'*)
スポンサーサイト
2013.11.24 Sun l 雑記帖+未整理記事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
前回の記事を投稿してからわずか1時間ちょっとが経った、
11/21(木)のAM1:00過ぎのこと。

03243.jpg
(※3DS本体の時間を設定し、冒険開始日=ソフト発売日になるように変更しちゃってます。)

自分が65536通りのIDの中で最も引き当てたかった数字をドンピシャでツモる
という大事件が発生してしまいましたwwwww

1リセット2分かかるとすると、66000回施行を繰り返すとしたら約2200時間が必要となる計算。
そんな計算を(正確な日付的に)前日行ってお先真っ暗だったぼくの元に、とんでもない幸運が…!!!

このID厳選を開始したのは11/18(月)のAM0:30頃、そして終わったのは11/21(木)のAM1:00頃。
つまり3日ほどしか粘っていないことになります。

いやはや、こんな短時間で一番欲しかったIDを手にすることになるとは思いませんでした…!
本当はぞろ目とか10000みたいなキリのいい数字とかで妥協しようと思っていたのですが。
…これはもはや、今までサブロムだったXをメインロムにするまでありますね(


ちなみに、なぜこの数字が欲しかったかというと…
公式の配信ポケモンって、IDが(月2桁)+(日2桁)+(西暦後ろの1桁目)で作られてますよね。
たとえば、201'3'年 "10"月 "12"日に配信スタートのメガストーン持ち加速アチャモは、IDが10123になっているはずです。
とまあそんな規則があったりするのですが、その規則を僕の生年月日で表すとこのID通りになるのです…!
まさにミラクル!!(゚∀゚)




そういうわけで、始まるまでが長いと思われたぼくの英語版での活動は早くもスタートしたのです。

早く、早く国際孵化にとりかかりたい…!
生まれた高個体色違いのIDもこの数字になるんだからっ…!!








…しかし、次の関門が早くも登場。

























x.jpg



せっかく手にすることが出来た理想的なID。
ならば、1データに1匹しか出てこない伝説ポケだって理想的な個体をゲットしなければ勿体ない…!?



…(^ω^)…

…(^ω^ )…

…( ^ω^)…

…(^ω^)…

…(´゜ω゜`)…










Next Charange>
 臆病A抜き5VのXerneasを捕獲せよ。


が、がんばります…(白目)
2013.11.23 Sat l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは、Flatです!

前にも言っていた話なんですが、両方日本ROM産で言語だけ別にした両親でタマゴを作ると、
それだけでも国際孵化になっている可能性があるのではないか…ということでした。

そしてその状態からの色違い孵化成功報告がわりと多数あるということで、
実際に僕もやってみることにしたのです!



ということで、サブロムXのデータを消してから…

id1.jpg

英語ではじめますよっ!

id2.jpg

タイトルで既に英語バージョン。かっこいー

id3.jpg

お久しぶりですプラターヌはかせ!
…ちょっ、長いセリフを強制進行しないでよ速読スキル無振りの僕には読みきれないです(

id4.jpg

はいどーもどーも、英語でも変わらずFlatです。

id5.jpg

こうして、新たな冒険の扉が開く…!!

id6.jpg

そんなこんなで、ヤヤコマに起こされる朝。

id7.jpg

くぅ~wこれにてゲームスタートです!
…そうだ、せっかくなので自分のトレーナーカードでも見てみましょう!

id8.jpg

ほうほう、ふむむ、へーっ…




















\プツンッ/

id9.jpg










こんばんは、Flatです!

前にも言っていた話なんですが、両方日本ROMで言語だけ別にした両親でタマゴを作ると、
それだけでも国際孵化になっている可能性があるのではないか…ということでした。

そしてその状態からの色違い孵化成功報告がわりと多数あるということで、
実際に僕もやってみることにしたのです!



ということで、サブロムXのデータを消してから…

id1.jpg

英語ではじm



はい、なんでしょうか。
え?「ループしてる」ですか?

んー、まあ正直な話をしますと…
自分がこれまでにやったことのなかった苦行、
ID厳選」を始めちゃったんですよね。

いや、どうせ色違いを粘るのならIDも自分の好きな数字にしてみたいじゃないですか!
自分の好みのIDが記された貴重なポケモン…素晴らしくないですか!?
うーん、今から楽しみですね☆(・∀・)





しかし1回のリセットにかかる時間は約2分。
65536通りのIDの中から狙いの1つを粘るなら頭がおかしくなるような時間の浪費はほぼ確実、
11111や12345などのいくつかある綺麗な数字を目指すにしても相当な努力が必要となることをこのときまだFlatは知っていなかった…。


-完-
2013.11.20 Wed l 雑記帖+未整理記事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ガブキラー(トゲキッス♂)


No.468 トゲキッス
タイプ:フェアリー/ひこう

NN:ガブキラー
性別:♂
性格:ずぶとい(B↑A↓)
特性:てんのめぐみ
持ち物:おうじゃのしるし


種族値:85-50-95-120-115-80
個体値:31-0-31-31-31-31
努力値:H244/B252/C6/D4/S4
実数値:191-49-161-141-136-101


技:
・マジカルシャイン
・でんじは
・エアスラッシュ
・はねやすめ



 トゲキッスの登場した第4世代から存在する,麻痺による痺れとエアスラッシュによる怯みを狙うことで相手を行動不能な状態に陥れる「まひるみ」型キッス.トゲキッスは第6世代からフェアリー/ひこうというタイプ持ちへ変更となったため,新技などを交えながらXYの環境でも育成してみた.

 この記事を書いている時点でレーティング環境では様々な物理アタッカーが蔓延っていたため,図太いHB振りで物理耐久を底上げする.ただしHに252振りしてしまうと実数値192(=4n)となってしまうため,191で止めることで4n-1になるように調整.Bはそのまま252振りし,他のC,D,Sには余りの分をそれぞれ4振り.

 戦い方は至って簡単で,電磁波を撃って相手を麻痺状態にしたらひたすらエアスラを連打するだけ.持ち物におうじゃのしるしを採用しているため,麻痺バグ,エアスラ分の怯み,てんめぐ分の怯み,しるし分の怯みを全て回避しなければ相手は技を出すことが出来ない.要するにクソゲー戦法であるとも言える.マジカルシャインはフェアリーで抜群を取れるタイプに対して,まひるみに頼らず応対したい状況で有効である(たとえばドラゴン/じめんの複合など電磁波が通らない場合).はねやすめは相手の火力が足りていない場合など隙をみて使うとよい.こちらの回復時に相手が麻痺で行動不能になることもあるため,その場合はさらにアドバンテージを稼げる.

 元々は電磁波を撒きつつ相手を弱らせることで後続を動きやすくできるようにと育成してみたポケモンでしたが,この型のキッスは単体でも十分過ぎるほどに強いという印象.うまくハマれば簡単に3タテも出来てしまう恐ろしいポケモンになりました.


◎おまけのNN裏話:ガブキラー
 上にも書きましたが,第6世代よりトゲキッスはフェアリー/ひこうというタイプに変更になりました.ドラゴン/じめんというタイプを持つガブリアスたちにとっては,メインウェポンの一致タイプ技はどちらも無効化されてしまうという非常に恐ろしい存在.まさにガブ殺しと呼ぶに相応しいですよね.まったく,かわいそうに…(

 …ところでですが,「カビキラー」というカビ取り用洗剤があったかもしれませんね.いえ,別に深い意味は無いのです.深い意味は.
2013.11.17 Sun l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは、Flatです。

突然ですが、皆さんは「国際孵化」というものをご存知でしょうか。
知る人ぞ知る、色違いの孵化確率を向上させる一つの裏ワザに近い方法ですね。
簡単に言えば、出身Romの国籍が別同士のポケモンを親にしてタマゴを作ると、
色違い確率が上がるというものです(第四世代は1/2048、第五世代は1/1366と言われる)。

そしてXYにおいてもこの方法は続投されていると予想されています。
ただし、XYではゲーム開始時に言語を設定出来ますが、
それによって外国語に設定した日本Rom産と普通に日本語に設定した日本Rom産とでは
国際孵化は成立しないと言われています。



…言われていました。

言われていた、のですが…



最近Twitterにて某動画投稿者様が呟いていたこと。

 「言語のみ変えた日本Rom産を使ったところ、タマゴ約2000個中5匹の色違いを孵化した人がいる」

 「自分でもやってみたら150匹目で生まれた」

 「その後も計5匹の色違いを孵化。体感では200個に1匹くらい」

などなど。
つまりこれは、
「同じRom産でも、言語が違えば国際孵化は成立する」
と見ても間違いはないのでしょうか…!?

ちなみに、僕はXYで今までに2500個ほどのタマゴを孵化してきました。
しかしその中で孵化した色違いはヤヤコマ1匹。
つまり普通に同じ言語のポケモン同士の組み合わせだと、
とてもじゃないですが200個に1匹なんてペースでは色違いは生まれてきていません。



これらのことから、
「同じRom産でも、言語が違えば国際孵化は成立する」
という結論は正しいんじゃないかと予想することが出来ます。
さらに、
「今回の国際孵化は第五世代より更に確率が上がった可能性もある」
というオマケつき(こちらはまだ怪しいですが)。

これが本当であれば、自分としては非常に嬉しいですね…!!
実は国際孵化で高個体色違いをゲットする為に北米のRom&3DS本体を購入するか迷っていた時期もあったんですが、
さすがに出費がデカすぎるということで断念していたんですよねw
しかし今回の発見から、自分にもまた国際孵化に挑むチャンスが出来たということに…!!



もちろん、これらの情報はあくまでも自分の体験や他の方の発言に基づいた不確定な憶測でしかありません。
もし情報が間違っていたとしても責任は負いかねますのでご了承ください。

さて、今のサブロムXで一通りやることやってから、
言語を変えてリスタートしてみようかどうか…(^ω^)
2013.11.11 Mon l 雑記帖+未整理記事 l コメント (2) トラックバック (0) l top
こんにちは、Flatです。

昨日の夜のことですが、育成の済んだポケモンの数が10体前後くらいにはなってきたので、
XYでは初めてのレーティングに挑んでみました。
色々と思ったこと感じたこと反省したいことなどがあるので、簡単に書き綴ってみようかと思います!



□今回のパーティ□

今回使用してみたPTはこちら。
ただ正直に言えば、相性補完などは特に考えておらず、
とりあえず育成済みのポケモンの中から使ってみたいポケモンを選んでみたっていう感じでした。


●ガブリアス@ガブリアスナイト
 陽気AS振り さめはだ じしん/げきりん/ストーンエッジ/アイアンヘッド

はじめてのメガガブリアス。
シンカ後の火力はなかなかのもので、選出に困ったときはとりあえず出しとくってことも多かったです。

第六世代では技候補に食い込んできたアイアンヘッドですが、これがわりと使いやすい。
相性的にはこちらが不利に思えるvsメガサーナイトの状況も、アイアンヘッド1発で強引に突破してくれたり。
逆にストーンエッジは、あんまり打つ機会がなかった気もします。
ヌメルムドーの受けルに苦戦した場面もあったので、環境によってはエッジ→文字の変更もありかもしれません。

そして使いやすいメガシンカですが、メガガブの場合弱点になる部分も感じました。
シンカ後はSが10下がってしまうので、シンカしていない同族との対面では圧倒的に弱くなってしまうんですよね。
この辺は状況をよく判断し、いつシンカするかタイミングを見極めるのも大切かもしれません。


●Wロトム@こだわりスカーフ
 控え目S調整HC振り ふゆう ハイドロポンプ/トリック/10まんボルト/ボルトチェンジ

第五世代に引き続き安定した強さを見せる洗濯機。
今回は第五世代で使っていたSを最速115族抜きにした個体を、そのまま育成して使ったという感じに。

水ロトムを使っていて、やっぱり使いやすいなーと感じました。
タイプ的にファイアローには安定して繰り出せ、
相手に地面タイプがいなければボルチェンで撹乱することも可能。

ただし、今回気になった点は二つ。
一つ目は、メガストーンの仕様によりトリックが簡単に撃ちづらくなったこと。
メガストーン持ちの相手へのトリックは失敗してしまうので、
「とりあえず様子見でトリックしてみる」
という選択が悪手に繋がる可能性は今まで以上に高くなってしまいました。

二つ目は、Sの調整先はどうするかっていう点。
今回使った型はSを最速115族抜きにしていますが、この調整で大丈夫なのかどうか。
カロスポケでSが早いポケモンはゲッコウガとファイアロー辺りでしょうか。
この2体に対してSを調整していく必要はあるかどうかなど、色々考察していったら面白いかも。
特にゲッコウガは、先攻を取られると相手のタイプが変わってしまうので抜ければ便利なのかもしれません。
この辺りも、これから経験を重ねて見極めていこうかと思います。


●メタグロス@こだわりハチマキ
 意地っ張りHA振り クリアボディ コメットパンチ/しねんのずつき/アームハンマー/じしん

第五世代ではかなりの実力を誇っていたヤタグロスですなwww
本来はヤーティで使う予定でしたが、育成済みのポケモン数が少なかったため、
普通のボケモンたちと同じボーティに入れられることになってしまいましたぞwwwありえないwww

ヤタグロスを使ってみて思ったのは、弱体化が酷いということですなwww
メイン技のコメットパンチは威力低下、さらに鋼タイプの耐性変更で抜群を取られる状況も増えてしまいましたなwww
今作はヤタグロスにとって逆風すぎですぞwwwありえないwww

良かった点を上げるなら、フェアリーに対して安定した役割遂行を行いやすかったということですかなwww
しかしそれだけですなwww


●ファイアロー@いのちのたま
 陽気AS振り はやてのつばさ フレアドライブ/おにび/ブレイブバード/とんぼがえり

今回唯一の新ポケ枠(メガガブを新ポケとして考えるなら2体目ですが)。
特性の強さによって、種族値のわりに採用率の高めなファイアローさん。

特性も強いんですが、何より使いやすかったのは早いSからの鬼火ですね。
メガシンカするポケモンは物理主軸の子も多いので、攻撃される前に鬼火を打てるのはなんとも心強い。
あとこれはファイアローの利点ではないですが、鬼火の命中が上がったのもこの技の使いやすさを更に上げてくれたと思います。

やれることは多くはなさそうので対策されると辛いですが、されていなければ優位に立ちやすいポケモン。
ファイアローにはそんな印象を受けました。


●ギャラドス@しんぴのしずく
 意地っ張りHA振り いかく アクアテール/こおりのキバ/じしん/ストーンエッジ

安定のヤャラドスですなwww
今回も安定した強さを誇りますなwww

今のところ流行っている電気ポケはロトムくらいな気がするので、安定して戦えますなwww
ただし新ポケが思わぬ10万を撃ってきたりして残念な結果になってしまったこともあるので学ぶ以外ありえないwww

今回火力アップアイテムとしてしずくを持たせましたが、ゴツメ採用もアリエールwww
その場合、メガガルーラに対してもわりと素晴らしい活躍を見せてくれる気がしますなwww

ところであまり関係ない話ですが、やはり今作でもジュエルが欲しいですぞwww
ヤケモンたちによるジュエル使用の高火力な一撃をお見舞いできないのはありえないwww


●シャンデラ@こだわりメガネ
 控え目HC振り すりぬけ シャドーボール/オーバーヒート/エナジーボール/サイコキネシス

我の嫁ヤケ、ヤャンデラくんですぞwww
今回も高火力を見せ付けて大活躍してくれましたなwww

シャドボが鋼に対し等倍になったのは嬉しいですなwww
これで今まで以上にシャドボが一貫性を持つ瞬間が増えましたぞwww
エスパー・ゴーストや低耐久ボケは一撃粉砕ですなwww

メガガルーラに対してはノーマルや格闘技はスカせるのですが、
おやこあいでの2連ふいうちが怖すぎるのでなかなか繰り出す気になりませんなwww
この計算はまだ正確ではない可能性もありますが、
意地A全振りのメガガルのふいうちだと乱数次第で落とされてしまうようですぞwww

特性すりぬけ+寝言を入れず攻撃技4つの構成で使いましたが、
この特性が生きた部分は今回の戦いでは特にありませんでしたなwww
もっとも炎技も受けなかったので、貰い火でも変わりませんでしたなwww
しかしだからといってほのおのからだはありえないwww



□色々考えてみる□

・相手のパーティにメガシンカポケが沢山
こういう状況のときには、色々と考えさせられるので面白いですねー。
たとえば上の自分のPTではメガシンカできるポケモンはガブリアスとギャラドスの2体。
どちらがメガシンカするのか(あるいはどちらもメガシンカしないのか)、
メガストーンを持っていない場合どのアイテムを持っているのか、などなど…様々なケースを想定する必要があるわけですね。
まあメガシンカポケの中には、PTに入っていたらほとんどメガシンカを疑ったほうがいいポケモンも結構いるんですが…w

・メガシンカのタイミング
ガブのようにSが下がったり、ヘラのように特性がまるで変わってしまったりするメガシンカ。
こういうポケモンたちは、どんなタイミングでメガシンカすればいいか考えさせられますね。
このタイミングをしっかり見極めることが出来れば、より高度なプレイングが身に付けられそうです。

・ガッサ(催眠)対策
第六世代でガッサは消滅したーなどと聞きますが、
だからといって対策無しでPTを組んでいたら相手のPTにいたガッサに恐怖するハメになりました。
(実際には選出されなかったので助かりましたが)
フシギバナなどがPTにいるなら問題ないかもしれませんが、
そうでなければまだまだ催眠対策はしておいたほうが良さそうですね。



□とりあえず□

まだまだXYの対戦環境ではにわかにわかしてるので、
これから何度も戦って色々学んでいきたいと思います( '∀')

新しいポケモンの種族値やタイプ・技。メガシンカするポケモンの種族値。
新しく追加された技。仕様が今回で変わった技。
環境で暴れるポケモンたち。その対策手段。
覚えていくことはまだまだたくさんありそうですね。
2013.11.09 Sat l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
それはこの週末の夜のこと。

ぼくFlatはいつもの如く孵化厳選に勤しんでいました。
目指すは6Vのヤヤコマ。
全箇所にマーキングすることを夢見て、大量のタマゴを割り続ける…!!



  ※今回狙っていたのは、性格陽気の物理ファイアロー。
   この説明でわかる通りCの個体値は31でも0でもいいわけですが、
   ぼくは厳選おバカなので狙えるならば全個体値をVにしてしまおうなんていう
   これまたおバカなことを計画していたのでした…!



育て屋に預けた親は、♂・♀共にHABDSの5V。
生まれたヤヤコマたちからHABDSの個体はとっておきそれ以外は逃がす、
というような一連の流れを続けること数時間。
ボックスの中には、沢山のHABDSヤヤコマたちが…!!

「…なかなか生まれない(´・ω・`)」

親に持たせているアイテムは変わらずの石と赤い糸。
つまり、HABDSの五箇所が遺伝していれば1/32の確率で6Vが出るはず。
しかし現実は厳しく、理想個体5Vの子たちはついに2ボックス分埋まろうかという勢い…!

「はぁー…。もうここまできたら意地でも出してやるっ!」

ムキになったFlatは2台目の3DSとサブロムのXを取り出す。
2台同時に操作して、孵化効率を2倍にしてやろうという魂胆です…!!

そして準備も済み、サブロムでもタマゴを割り始めること数分。
サブロムの方の孵化画面を見て、ふと違和感。










No661 ★ヤヤコマ-1




…あれ…?
このヤヤコマ、なんだか色が茶色い気がする…?
(この画像では見辛いですが)

妙に思ったFlat、メインロムのほうで普通のヤヤコマのステータス画面を覗き見比べる。

…やっぱり色が違う!!
ということは…?とドキドキした気持ちのままその画面を閉じ、ステータスを開くと…



No661 ★ヤヤコマ-2




やっぱりそうでした!
マーキング欄の左側に表示された★マークがその証拠。
まさかの色違いを孵化してしまったのです…!!





…ということで、6Vを狙っていたら色違いを孵化してしまいましたww
今回の両親はどちらもぼくのXYで孵化した個体だったので、両方とも日本版ROM産です。
つまり、国際孵化ではなく普通の孵化で色違いが生まれたということになりますね…!
素の孵化で色を出したのは今回が初めてだったので、嬉しさも倍増ですねwww

いやー、本当は6Vを狙っていたわけですが…
うん。せっかく色違いが出たことですし今回はこの子を育成することにしましょうかっ('∀')
2013.11.04 Mon l 雑記帖+未整理記事 l コメント (4) トラックバック (0) l top
No714 ★オンバット-1



うわあああっ、画面がブレブレ!!
いったい何事ですかっ!?




…あ、よく見たら色違いオンバットちゃんですね。
どうもこんばんは。

というわけで…

No714 ★オンバット-2

群れバトルで色違いスカンプーと出会った10月31日の夜、
サファリにて鮫肌ガバイトを狙っていたら色違いオンバットに遭遇っ!!

まさかまさかの、1日2体の色違い遭遇…!
こんな珍しいこと、ポケモンを初代からずっとやってきたこの人生でも初めての体験です!('∀')

No714 ★オンバット-3

捕獲も無事に完了。
動きが激しすぎてここでもブレブレですね(´∀`)

No714 ★オンバット-4

カロスポケ最初の色違いはこの子でした。
確か洞窟内でのみ遭遇だったと思うので、ポケトレ不可の子が出て来てくれたのは嬉しいですね…!!

そんなこんなで、1日に色ポケ2体という珍しい体験をしたFlatなのでした!
そしてその後、更なる3体目が…ってことはさすがにないです(´・∀・`)
2013.11.02 Sat l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
No434 ★スカンプー-1


こっ…これは…
いったいどういう状況なんだーっ!?


というばかみたいな茶番()はおいといて。

No434 ★スカンプー-2

今年の5分の6が終わりに近付いた10月31日、スカンプーの群れの中に色違いを発見!!
そしてこのスカンプーたちに囲まれるヤベルタル神の図。くさそう(

No434 ★スカンプー-3

捕獲も無事に成功。
ちなみに、なんとなくヒールボールに入れてみました(゚∀゚)

No434 ★スカンプー-4

性格はおだやか。
さすがに対戦用の育成は難しそうですかねー(´・ω・`)
まあ、ボックスの中に観賞用としてとっておきましょう…!



そんなこんなで、群れバトルにて初めて色違いに遭遇したFlatでした。
…なんてことを思っていたら、その数時間後に更なる衝撃の事態が…!?

その詳細は次回記事へと続きますっ('∀')
2013.11.01 Fri l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。