上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは、Flatです。

昨日の夜のことですが、育成の済んだポケモンの数が10体前後くらいにはなってきたので、
XYでは初めてのレーティングに挑んでみました。
色々と思ったこと感じたこと反省したいことなどがあるので、簡単に書き綴ってみようかと思います!



□今回のパーティ□

今回使用してみたPTはこちら。
ただ正直に言えば、相性補完などは特に考えておらず、
とりあえず育成済みのポケモンの中から使ってみたいポケモンを選んでみたっていう感じでした。


●ガブリアス@ガブリアスナイト
 陽気AS振り さめはだ じしん/げきりん/ストーンエッジ/アイアンヘッド

はじめてのメガガブリアス。
シンカ後の火力はなかなかのもので、選出に困ったときはとりあえず出しとくってことも多かったです。

第六世代では技候補に食い込んできたアイアンヘッドですが、これがわりと使いやすい。
相性的にはこちらが不利に思えるvsメガサーナイトの状況も、アイアンヘッド1発で強引に突破してくれたり。
逆にストーンエッジは、あんまり打つ機会がなかった気もします。
ヌメルムドーの受けルに苦戦した場面もあったので、環境によってはエッジ→文字の変更もありかもしれません。

そして使いやすいメガシンカですが、メガガブの場合弱点になる部分も感じました。
シンカ後はSが10下がってしまうので、シンカしていない同族との対面では圧倒的に弱くなってしまうんですよね。
この辺は状況をよく判断し、いつシンカするかタイミングを見極めるのも大切かもしれません。


●Wロトム@こだわりスカーフ
 控え目S調整HC振り ふゆう ハイドロポンプ/トリック/10まんボルト/ボルトチェンジ

第五世代に引き続き安定した強さを見せる洗濯機。
今回は第五世代で使っていたSを最速115族抜きにした個体を、そのまま育成して使ったという感じに。

水ロトムを使っていて、やっぱり使いやすいなーと感じました。
タイプ的にファイアローには安定して繰り出せ、
相手に地面タイプがいなければボルチェンで撹乱することも可能。

ただし、今回気になった点は二つ。
一つ目は、メガストーンの仕様によりトリックが簡単に撃ちづらくなったこと。
メガストーン持ちの相手へのトリックは失敗してしまうので、
「とりあえず様子見でトリックしてみる」
という選択が悪手に繋がる可能性は今まで以上に高くなってしまいました。

二つ目は、Sの調整先はどうするかっていう点。
今回使った型はSを最速115族抜きにしていますが、この調整で大丈夫なのかどうか。
カロスポケでSが早いポケモンはゲッコウガとファイアロー辺りでしょうか。
この2体に対してSを調整していく必要はあるかどうかなど、色々考察していったら面白いかも。
特にゲッコウガは、先攻を取られると相手のタイプが変わってしまうので抜ければ便利なのかもしれません。
この辺りも、これから経験を重ねて見極めていこうかと思います。


●メタグロス@こだわりハチマキ
 意地っ張りHA振り クリアボディ コメットパンチ/しねんのずつき/アームハンマー/じしん

第五世代ではかなりの実力を誇っていたヤタグロスですなwww
本来はヤーティで使う予定でしたが、育成済みのポケモン数が少なかったため、
普通のボケモンたちと同じボーティに入れられることになってしまいましたぞwwwありえないwww

ヤタグロスを使ってみて思ったのは、弱体化が酷いということですなwww
メイン技のコメットパンチは威力低下、さらに鋼タイプの耐性変更で抜群を取られる状況も増えてしまいましたなwww
今作はヤタグロスにとって逆風すぎですぞwwwありえないwww

良かった点を上げるなら、フェアリーに対して安定した役割遂行を行いやすかったということですかなwww
しかしそれだけですなwww


●ファイアロー@いのちのたま
 陽気AS振り はやてのつばさ フレアドライブ/おにび/ブレイブバード/とんぼがえり

今回唯一の新ポケ枠(メガガブを新ポケとして考えるなら2体目ですが)。
特性の強さによって、種族値のわりに採用率の高めなファイアローさん。

特性も強いんですが、何より使いやすかったのは早いSからの鬼火ですね。
メガシンカするポケモンは物理主軸の子も多いので、攻撃される前に鬼火を打てるのはなんとも心強い。
あとこれはファイアローの利点ではないですが、鬼火の命中が上がったのもこの技の使いやすさを更に上げてくれたと思います。

やれることは多くはなさそうので対策されると辛いですが、されていなければ優位に立ちやすいポケモン。
ファイアローにはそんな印象を受けました。


●ギャラドス@しんぴのしずく
 意地っ張りHA振り いかく アクアテール/こおりのキバ/じしん/ストーンエッジ

安定のヤャラドスですなwww
今回も安定した強さを誇りますなwww

今のところ流行っている電気ポケはロトムくらいな気がするので、安定して戦えますなwww
ただし新ポケが思わぬ10万を撃ってきたりして残念な結果になってしまったこともあるので学ぶ以外ありえないwww

今回火力アップアイテムとしてしずくを持たせましたが、ゴツメ採用もアリエールwww
その場合、メガガルーラに対してもわりと素晴らしい活躍を見せてくれる気がしますなwww

ところであまり関係ない話ですが、やはり今作でもジュエルが欲しいですぞwww
ヤケモンたちによるジュエル使用の高火力な一撃をお見舞いできないのはありえないwww


●シャンデラ@こだわりメガネ
 控え目HC振り すりぬけ シャドーボール/オーバーヒート/エナジーボール/サイコキネシス

我の嫁ヤケ、ヤャンデラくんですぞwww
今回も高火力を見せ付けて大活躍してくれましたなwww

シャドボが鋼に対し等倍になったのは嬉しいですなwww
これで今まで以上にシャドボが一貫性を持つ瞬間が増えましたぞwww
エスパー・ゴーストや低耐久ボケは一撃粉砕ですなwww

メガガルーラに対してはノーマルや格闘技はスカせるのですが、
おやこあいでの2連ふいうちが怖すぎるのでなかなか繰り出す気になりませんなwww
この計算はまだ正確ではない可能性もありますが、
意地A全振りのメガガルのふいうちだと乱数次第で落とされてしまうようですぞwww

特性すりぬけ+寝言を入れず攻撃技4つの構成で使いましたが、
この特性が生きた部分は今回の戦いでは特にありませんでしたなwww
もっとも炎技も受けなかったので、貰い火でも変わりませんでしたなwww
しかしだからといってほのおのからだはありえないwww



□色々考えてみる□

・相手のパーティにメガシンカポケが沢山
こういう状況のときには、色々と考えさせられるので面白いですねー。
たとえば上の自分のPTではメガシンカできるポケモンはガブリアスとギャラドスの2体。
どちらがメガシンカするのか(あるいはどちらもメガシンカしないのか)、
メガストーンを持っていない場合どのアイテムを持っているのか、などなど…様々なケースを想定する必要があるわけですね。
まあメガシンカポケの中には、PTに入っていたらほとんどメガシンカを疑ったほうがいいポケモンも結構いるんですが…w

・メガシンカのタイミング
ガブのようにSが下がったり、ヘラのように特性がまるで変わってしまったりするメガシンカ。
こういうポケモンたちは、どんなタイミングでメガシンカすればいいか考えさせられますね。
このタイミングをしっかり見極めることが出来れば、より高度なプレイングが身に付けられそうです。

・ガッサ(催眠)対策
第六世代でガッサは消滅したーなどと聞きますが、
だからといって対策無しでPTを組んでいたら相手のPTにいたガッサに恐怖するハメになりました。
(実際には選出されなかったので助かりましたが)
フシギバナなどがPTにいるなら問題ないかもしれませんが、
そうでなければまだまだ催眠対策はしておいたほうが良さそうですね。



□とりあえず□

まだまだXYの対戦環境ではにわかにわかしてるので、
これから何度も戦って色々学んでいきたいと思います( '∀')

新しいポケモンの種族値やタイプ・技。メガシンカするポケモンの種族値。
新しく追加された技。仕様が今回で変わった技。
環境で暴れるポケモンたち。その対策手段。
覚えていくことはまだまだたくさんありそうですね。
スポンサーサイト
2013.11.09 Sat l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://flat324.blog.fc2.com/tb.php/179-4b95a645
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。