上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ガブキラー(トゲキッス♂)


No.468 トゲキッス
タイプ:フェアリー/ひこう

NN:ガブキラー
性別:♂
性格:ずぶとい(B↑A↓)
特性:てんのめぐみ
持ち物:おうじゃのしるし


種族値:85-50-95-120-115-80
個体値:31-0-31-31-31-31
努力値:H244/B252/C6/D4/S4
実数値:191-49-161-141-136-101


技:
・マジカルシャイン
・でんじは
・エアスラッシュ
・はねやすめ



 トゲキッスの登場した第4世代から存在する,麻痺による痺れとエアスラッシュによる怯みを狙うことで相手を行動不能な状態に陥れる「まひるみ」型キッス.トゲキッスは第6世代からフェアリー/ひこうというタイプ持ちへ変更となったため,新技などを交えながらXYの環境でも育成してみた.

 この記事を書いている時点でレーティング環境では様々な物理アタッカーが蔓延っていたため,図太いHB振りで物理耐久を底上げする.ただしHに252振りしてしまうと実数値192(=4n)となってしまうため,191で止めることで4n-1になるように調整.Bはそのまま252振りし,他のC,D,Sには余りの分をそれぞれ4振り.

 戦い方は至って簡単で,電磁波を撃って相手を麻痺状態にしたらひたすらエアスラを連打するだけ.持ち物におうじゃのしるしを採用しているため,麻痺バグ,エアスラ分の怯み,てんめぐ分の怯み,しるし分の怯みを全て回避しなければ相手は技を出すことが出来ない.要するにクソゲー戦法であるとも言える.マジカルシャインはフェアリーで抜群を取れるタイプに対して,まひるみに頼らず応対したい状況で有効である(たとえばドラゴン/じめんの複合など電磁波が通らない場合).はねやすめは相手の火力が足りていない場合など隙をみて使うとよい.こちらの回復時に相手が麻痺で行動不能になることもあるため,その場合はさらにアドバンテージを稼げる.

 元々は電磁波を撒きつつ相手を弱らせることで後続を動きやすくできるようにと育成してみたポケモンでしたが,この型のキッスは単体でも十分過ぎるほどに強いという印象.うまくハマれば簡単に3タテも出来てしまう恐ろしいポケモンになりました.


◎おまけのNN裏話:ガブキラー
 上にも書きましたが,第6世代よりトゲキッスはフェアリー/ひこうというタイプに変更になりました.ドラゴン/じめんというタイプを持つガブリアスたちにとっては,メインウェポンの一致タイプ技はどちらも無効化されてしまうという非常に恐ろしい存在.まさにガブ殺しと呼ぶに相応しいですよね.まったく,かわいそうに…(

 …ところでですが,「カビキラー」というカビ取り用洗剤があったかもしれませんね.いえ,別に深い意味は無いのです.深い意味は.
スポンサーサイト
2013.11.17 Sun l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://flat324.blog.fc2.com/tb.php/181-57029143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。