上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※この記事にはFlatのポケモン型考察が書き記してあります。
※内容は適宜変更されることがあります。
現時点では色々と未完成です!!!細部についてはいつになるか分かりませんが完成するまでお待ちください。



392_0.png

No.257 ゴウカザル (炎/闘)
種族値:76-104-71-104-71-108

性格:せっかち
特性:もうか
持ち物:きあいのタスキ

個体値:0-31-0-×-0-31
努力値:A252 C4 S252 (余り2)
実数値:136-156-68-×-76-176

技:がんせきふうじ/ステルスロック/がむしゃら/ほえる



(i).はじめに

第四世代にて登場した炎タイプの御三家、ゴウカザルの育成考察です!
今回は後ろのポケモンの為の場作りをしつつ、自分が起点になることは回避する型。

そのまえに、同タイプかつ採用率が高めであるバシャーモと種族値を比較してみましょう。

なまえHP攻撃防御特攻特防素早さ合計種属値
ゴウカザル761047110471108534
バシャーモ80120701107080530

このように耐久はほぼ同程度で火力はバシャーモが、素早さはゴウカザルが勝っています。
しかしバシャーモには夢特性の加速があるため、1ターン目を凌いだ後はゴウカザルより速くなることが殆どです。

このようにバシャーモの存在があるため、アタッカーとして使ってはただの劣化となってしまう可能性があります。
(しかし厳密には、1ターン目からガルーラに先制できるかどうか、後ろにゴーストがいる場合に格闘技を容易に撃てるかどうか、などの違いは多くあるのですが)


そこで今回、ゴウカザルをパーティのサポート要員として使うことを考えました。
ゴウカザルといえば、“器用さ”が売り。
技の多彩さはサポート方面においても健在です!



(ii).技と努力値配分

●がんせきふうじ
当てると相手のSを100%下げる攻撃技。
XYにおける性能変更によって、色々なポケモンにおいての採用率が急増した技の一つ。
命中95なので時々外すのはご愛嬌。

●ステルスロック(※注:第四世代技マシン or 第五世代教え技)
優秀な後続サポート技。
これによる削りによってサイクル戦を有利にしたり、確定ラインを変えたりできることも。
マジックミラー等による反射には注意。

●がむしゃら(※注:第五世代教え技)
相手のHPを自分と同じ値にする、ちょっと特殊な攻撃技。
今回のゴウカザルはタスキ圏内まで削られることも多いので、相手HPを1にさせることも多い。
岩石封じで相手のSを下げてから相手のHPを1にし後続の自信過剰を発動を狙いやすくする、などのコンボも可能。

●ほえる
起点回避の技。
岩石封じでは起点回避できない積み技(ちいさくなるなど)に対して有効。
ステロとのコンボも一応可能だが、ゴウカザルの耐久は低いのでわざわざ狙う必要はない。

今回は上記の4つの技としました。
他に候補を上げるとすればインファイト、ちょうはつなどが挙げられるでしょうか。
インファイトは安定した格闘技であり、かつB・Dダウンによってがむしゃらの性能を上げやすくすることも。
ちょうはつは言わずと知れた強力な補助技、S108族からの相手の補助技封じはかなり強力。


次に努力値配分ですが、普通にAS極振りです。余りは一応Cに振っておきました。
特殊技を持っていないのにCに振る理由ですが、単純に耐久を上げたくないからです。
個体値や性格を見れば分かりますが、今回のゴウカザルは耐久を敢えて最低ラインまで下げています。
理由としては、がむしゃらの性能をより高めやすくするため。



(iii).運用方法

基本的に1ターン目にはステロを撒く、もしくは岩石封じを撃つことになると思います。
その後は岩石封じを連打して相手のSを確実に下げ続ける、がむしゃらを撃ち相手のHPを下げてから退場するなどその場に合わせた行動選択をしていきましょう。

詳しくはまたあとで書いて載せたいと思います('ω')



(iv).弱点

正直なことを申しますと、レートではまだ使ったことがない机上論ポケモンなので明確な弱点が分かっていません_(Xq」∠)_
これから使ってみて具体的な弱点が見つかれば、またここに書き込んでみたいと思います…!



(v).さいごに

今回のゴウカザルは、最近多い封じステロガブを参考に考案してみた型です。
ゴウカザルはアタッカーとして使うのも好きなのですが、今の環境だとやはり普通のアタッカーとしては火力不足に陥る場面も多かったため今回のような型で運用してみることにしました。

これを投稿した現時点では内容に不十分なところが多過ぎますが、時間がとれれば追加要素を増やしていきたいなと思っています。
特に立ち回り、相性のいいポケモンなどは詳しく書いたほうがよさそうですし…!
それでは、未完成な駄文でしたが御閲覧ありがとうございました!ヾ( °ω° )ノ゙
スポンサーサイト
2014.03.29 Sat l 雑記帖+未整理記事 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ふらっとさん、こんばんは~!夜分遅く失礼します~!


育成記事ですと・・・!?
・・・・読んでてちんぷんかんぷんで頭が爆発しそうになりました(゜Д゜)笑
この内容を全て頭に叩き込むだなんて自殺行為よ・・!やっぱり私は対戦に向いてないのでしょうか・・!!

こういう育成論とかよく考えれますよね・・!!
尊敬です(((((((゜Д゜*))))+:。*

ゴウカザルといえばプラチナ(と固定リセットで放置してるパール)での相棒でしたので思い入れが強いポケモンです・・・!
バシャーモの劣化版とはいえ、使い方次第で使える子にもなるんですねー。
いつか対戦で使いたい!ってなった時にはふらっとさんの記事をふらっと見にこよーなーんちて(死

そういえば最近キルラキルっていうワードをチラホラ見かけましてとっても気になっている私です・・!!
アニメを見ようか迷っているのですが、見始めるまでが、、、中々遠足(アニメ視聴)する気になれない私です_ノフ(、ン、)ヘタ。。。
2014.03.30 Sun l ねこ. URL l 編集
>ねこさん
ねこさん、こんばんは~!
コメント返信が少々遅くなってしまいました、すみませんっ(∩´﹏`∩)

対人戦をあまりしない方にとっては、今回の内容はちょっと退屈なものになってしまったかもしれませんww
バトルに強い方々はこの記事とは比べ物にならないくらい膨大な量の知識を頭の中に溜め込んでる気がします…尊敬するどころかもう、もはや少し怖いくらいです…(

昔はゴウカザルばかり使われてバシャーモは全然使われなかったんですが、バシャーモの夢特性「かそく」の登場で一気に使われるようになったんですよね…!
ぼくは両方とも好きですが、特に思い入れがあるのはやっぱりゴウカザルなのでしっかり使ってあげたいです(`・ω・´)
ぜひぜひ、ふらふらっと見にきてやってください…!!(

キルラキルは全24話なので、気楽に見ようとするにはちょっと長いかもしれませんね…!
(それでも最近の深夜アニメとの比較なので、明るい時間にやっているアニメなどと比べれば短いですが)
確かに新しいアニメを見始めるには、けっこうやる気というか気持ちが大切だったりすることはありますよね…!w
2014.04.02 Wed l Flat. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://flat324.blog.fc2.com/tb.php/213-a5c536ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。