グスタフ



No.376 (メガ)メタグロス
タイプ:はがね/エスパー

NN:グスタフ
性別:ふめい
性格:ようき(S↑C↓)
特性:クリアボディ → かたいツメ
持ち物:メタグロスナイト



種族値:80-135-130-95-90-70 → 80-145-150-105-110-110
個体値:31-31-31-31-31-31
努力値:H156/A132/S220
実数値:175-172-150-103-110-129 → 175-182-170-112-130-173


技:
・アイアンヘッド
・れいとうパンチ
・じしん
・みがわり




ORASでメガシンカを習得したメタグロスの育成紹介。
Sが110まで大幅に上昇し、その他耐久を中心とした4つの能力値も全体的に伸び扱いやすい印象のポケモン。

メガシンカによってSが大きく伸びているので、まずSを最初に調整した。
Sぶっぱでもいいかもしれないが、今回は準速120族抜き(準速メガマンダ抜き)まで振って実数値173に。
次にAをある程度…具体的には、ガルドを地震で高乱2で持っていける辺りまで振った。
そして残りをHに振ることで、16n-1を実現。
結構綺麗にまとまったので、個人的には結構好みな努力値調整になった。

今回採用した技はタイプ一致かつ格闘に役割遂行でき、かつ水・火ロトムに対しても安定した火力を叩き込める思念の頭突き、
ガブやマンダをはじめとする氷4倍勢によく刺さる冷凍パンチ、
主に誘うガルドに対しての対抗打となる地震、
そして鬼火や電磁波などの補助技を回避したり、交代読みなどで様子見したい場合の安定択となりやすい身代わりの計4つを選択。
ちなみにガルドへの地震は、どちらかというと交代読みで撃っていきたい技になります。
(あるいはある程度HPが削れているのであれば、シールドフォルムへの対面地震も有効ですが。)
他に採用の可能性がある技はアイアンヘッド、コメットパンチ、バレットパンチ、雷パンチ、あとは役割破壊として毒々辺りでしょうか。
この辺は自分のパーティとの組み合わせやその時期の環境などによって、適宜変えていくのが一番かなと思います。

この調整のグロスは爆発的な火力が出せたりするわけではありませんが、安定して使いやすいと思います。


-ダメージ計算-

与ダメ計算
・れいとうパンチ
  ⇒耐久無振りメガボーマンダ 105.8~127%(確1)
  ⇒H252振りメガボーマンダ 89.1~106.9%(乱1 37.5%)
  ⇒耐久無振りガブリアス 128.9~153%(確1)
・じしん
  ⇒H252振りSFギルガルド 49.1~58.6%(乱2 98%)
(・アイアンヘッド)
  ⇒H252振りマリルリ 52.1~61.3%(確2) ※オボン込み 確3
  ⇒H252振りニンフィア 124.7~146.5%(確1)
ほか、気になるところはあとで時間あるときに載せます

被ダメ計算
・無補正A252振りボーマンダの地震
  ⇒50.2~59.4%(確2)
・補正ありA252振りボーマンダの1舞地震
  ⇒82.2~97.1%(確2)
・無補正A252振りガブリアスの地震
  ⇒69.7~83.4%(確2)
ほか、気になるところはあとで時間あるときに載せます
スポンサーサイト
2016.03.12 Sat l ポケットモンスター l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://flat324.blog.fc2.com/tb.php/327-4ac1e6c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)