上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
言葉って「こういう意味だ!」って思い込んでたのに、実は違う意味だった-!ってことは結構よくありますよね。
ものによっては間違った意味が世間的に広がって認識されてたりもするし、日本語って難しい。
特に意味はないですが、なんとなーく自分が「これはこういう意味だったのか!覚えておこう…」と日頃から意識してる『誤用されやすいことば』を羅列してみることにしまする。



◆爆笑
誤用している例:
「オレ昨日ひとりだったからなんとなくテレビ観てたんだけどさー、あの番組が面白くて思わず爆笑しちゃったよ!」
→『爆笑』とは本来「大勢の人が笑い出すこと」を意味するため、「ひとりが爆笑する」という形は間違い。しかし近年はひとりに対して用いることも多くなってきている模様。
ぼくはあえてバカっぽさを演出したいときに「あんなのもうひとりで爆笑したわ~~~~~」みたいな言い回しで使うことが稀によくあります()

◆敷居が高い
誤用している例:
「あのゲームジャンルってなんだか難しそうで、オレにはちょっと敷居が高いんだよなー」
→『敷居が高い』の意味は「不義理や面目のないことがあり、その人の家へ行きにくい」といったもの。つまりこの例のような使い方だと「ハードルが高い」と混同して使ってしまっている。間違い。
これは知り合いの方がネタにしているのを聞いて「あっ、ハードルが高いと同じ意味じゃなかったんだ…」と知らされました。おはずかし。

◆姑息
誤用している例:
「イカサマなんて、姑息な手を使う汚い奴め…」
→『姑息な』とは、他のことばで言い換えるなら「その場凌ぎの」になる。よく使われている『卑怯な』という意味は持たない。
自分の場合、これもどっか別の場所で違うっていうのを見つけて間違いに気付かされましたね…みんな『卑怯』って意味で使ってるんだものー。



とりあえずぱっと浮かんだのはこのくらいでした。
ちゃんと思い返せばまだまだ見つかりそうな気もしますが、まあ今回はこれくらいでいいや。

言葉って間違って使ってたとしても、自分では「それが正しい」と思い込んでるから何かのきっかけがないと間違いに気付けないんですよね~。ここが怖い。
実際ぼくが挙げた例も、他の情報を見聞きしてそこで初めて知ったものになりますし…!

ゆーて言葉なんて時を経て変化していくものなんで、「誤用」とされてる意味が数十年後とか、下手すりゃ数年後とかには正しいものとして扱われてる可能性もありますが。
今間違いたくなければちゃんと覚えよう、なんて程度になりますよね結局は。
極論すれば、相手にちゃんと伝わりゃいいんだよちゃんと伝わりゃ!こまけぇこたぁいいんだよ!!



ところでドヤ顔でこんなことば語りした記事を書いてしまいましたが、この記事中に故意ではなく素で使ってる間違った日本語がないかとても不安です。
スポンサーサイト
2016.03.14 Mon l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://flat324.blog.fc2.com/tb.php/329-ac0aa40a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。