上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いきなりだが、ワタシFlatは人との雑談・トークが苦手である。
何かしら面白い話、相手が興味を示してくれそうな話を切り出そうと頭を動かしてみるが、なかなかいい話を始めることが出来ない。

トークが上手い人はいつも発想力やアドリブ力に長けていて、瞬時にその場で面白い話を思いつき周りに披露する。
頭の回転が早い人ほど聞いていて楽しいようなトークを、その瞬間瞬間に迅速に組み立てて、それをサッと外に切り出せる。

トーク力の高い人間というのは、すなわちアドリブ力の高い人間である。
面白い話が出来る人間になるには、まずそのような瞬間的な発想力を鍛える必要があるのだ。




…というのが一昔前までの自分の考えだったんですが、ここ一年ほどの間で必ずしもそれが正しいわけではないんだなー、と実感することが増えました。
それを実体験(と言っても話す側ではなく聞く側ですが)を交えつつ、色々振り替えてみようと思いマスっ!!


会社での呑み会。
社会人にもなると、様々な場所でその機会が訪れます。

昨年度から社会人となったわたしも、この1年間いろいろなひとたちと呑み会に行きました。
業務の都合上、基本的には同じ人・グループの呑み会になることは少ないんですが、例外でひとりだけ。お酒の場ではいつも一緒だったひとが存在します。
それは 『会社の同期』 です。

その同期は、一言で表すなら 『要領の滅茶苦茶いいチャラ男』 です。
基本女好きで女の子にはとりあえず積極的に話しかける、かつ『ダサいこと』を極端に避けるので仕事もミスなく・要領良く・最高率を求めてテキパキとこなしまくる。
同期としての視点で見ると、仕事はデキるわトーク力もたけーわでコチラの立場が辛いことこの上ないです()
ついでに色々あって彼の実年齢は同世代の自分よりだいぶ上なんで、その点でも社会経験の差が明確に出てきますよねぇ…。

そんな、同期でありながらも実質的には社会人としてのお手本となるような人がいつも間近にいました。
そして当然、基本仕事も一緒なのでお酒の場でも同席することがほとんどなワケで。
席が隣同士ってことは少人数の呑みでもなければそんなにないですが、それでも対岸側の斜め前とか隣のテーブルだとか、比較的彼の話が耳に入ることは多かったです。

さて、そんなトーク力の高い彼の話を直接聞いたり、あるいはちょい遠くから盗み聞きしていると…

していると…



とある日の呑み会
同期「ぼく最近○○が××で、△△なんですよねー。んで□□だったんですよw (聞いてるひとたち爆笑) 」




うわもう流石ですわ。話の組み立てがなんかすっげーうまい。
話の入り、引きつけ、そしてオチまで完璧すぎる。
いったいどうやってそんな話一瞬で考えてるんだ…!?



別の日・別の方との呑み
同期「ぼく最近○○が××で、△△なんですよねー。んで□□だったんですよw (聞いてる相手大笑い) 」




あ、前の別の呑み会でも言ってた話してるなー。
内容めっちゃおもろいもん、どこでその話しても笑いとれるんだな。



さらに別の日・別グループとの呑み会
同期「ぼく最近○○が××で、△△なんですよねー。んで□□だったんですよw (聞いてるひとたち爆笑) 」




また、同じ話を、している?
もちろん完全に台本を見ながら話してるわけではないですから、ちょっとした言い回しで差異が生じたりっていうのはあると思います。
しかし、切り出している話のおおまかな流れはどれもほとんど変わらない。



このとき、この年になってようやく気付いたんですよ、
話が上手いっての人は必ずしもその場で思いついた話を展開しているだけではなく、
事前に頭の中で用意していたネタを切り出すことだって戦略のひとつとして使っている
、と。

こんなこと言うと「今更になって分かったの!??!?」と思っちゃうかもしれないですケド、しかし知らなかったっていうのが事実です() それも知らないようなレベルだったからこそトーク力皆無だったわけです()
いつもトークのネタを用意しているってのは何も芸能人やお笑い芸人だけの話に限らず、普段世間話をするような場でも十分有効なんだってことを身をもって体験しました。いや、何度も言うように話す側ではなく聞く側としての体験ですが。

もちろん、ガチでトーク能力が高いひとはその場その場で臨機応変にネタをひねり出して笑いをとるってこともしてると思います。
相手のボケに対してのキレあるツッコミなんて、鮮度100%のその場仕立てだと思いますし。
ただ必ずしもそれだけではなくって、あらかじめネタを用意しておくっていうのも戦略のひとつなんだなーって分からされました。



トーク力を高めたいんだけど、アドリブ力もないから結構絶望している…
そんなあなたは、まずいつでも使い回せるようなネタを用意してみることから始めてみるのはいかがでしょうっ!
瞬間的な発想力がなくとも、面白い話がデキるひとになれるかもしれませんよっ!

…自分もう23なんだよなぁ…なんでそんな単純なことにも今まで気付けなかったんだろうなぁ…
スポンサーサイト
2016.04.09 Sat l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://flat324.blog.fc2.com/tb.php/341-e2cd7986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。