これは昨日あった話なのですが。

僕はなにげなーくB○○K-OFFの古本コーナーをふらふらっとぶらついてました。
これからちょっと本腰入れて勉強したいJavaの学習書を探そうとしていたのが一番の目的。
他にも、高校時代とかに使ってた勉強用の問題集や参考書があったらなんとなくちょっと覗いてみたいなーとか、漢字や英単語をかるーく勉強というか頭に入れる程度のことをできるような簡単な本があればちょっと買ってみようかなーなんてことを思ってました。
別にこれから受験が控えてるわけではないのでそんなガッチガチで勉強に挑むわけではないですケド、ほんのちょっとでも自分の能力としてプラスになるんだったらアリかなーなんて。古本なんて安いものは数百円で買えますし。

そして、英語の参考書コーナーに差し掛かったとき。
とある一冊の書籍を見つけました。



kiso-eibun.jpg
基礎英文問題精講 - 中原 道喜 著



なんてことはない、ただの一冊の参考書。
特別何か特殊な仕掛けがあるとか、そんなことは全くない普通の書籍。

…なんですが…



この本のタイトルが目に入った瞬間。
頭が、脳が、凄まじい勢いでフル回転し始める。
なにか、もはやほとんど失われかけてた記憶が呼び覚まされるような感じ。

『実際にこの本を使って勉強していたわけではない、しかし、どこか、この本について、なにか、知っていたことが、ある、ような…』


そして、しばらく考え続ける。
失われていた思い出が、だんだんと蘇る。

『この本、確か、だいぶ昔に読んだノンフィクションのストーリーで、紹介されてて、そのストーリー自体よく覚えてない、けど、英語の勉強でこの本を使って勉強した、って書いてあって…』



…高校時代、登校後に毎朝10分か15分ほどの読書タイムが用意されていました。
おそらくその時間内に読んでいた本のひとつに、「難関大(東大?)に合格した人の実体験を元に、詳しい勉強法を交えつつ主人公が難関大合格に挑んで行く」といった内容のものがあった…のだと思います。
その物語の中で、この「基礎英文問題精講」が実際に使われた参考書のひとつとして紹介されていた、と。
今となっては本のタイトルも、詳しい内容もぜんっぜん覚えていないのですが。

ただ、この「基礎英文問題精講」を見つけるまではその本の存在自体思い出すことはなかったですねー。
ほんの些細なきっかけでしたが、おかげで8年近く昔の記憶が呼び覚まされました。
完全に忘れてそうなことでも、実は何かしらのトリガーが引かれることで色々な思い出が蘇ることもあるんだなぁって実感。

あーでも出来れば。出来ればその書籍のタイトルも思い出したいんだけれども…。
もしかしたら実家にまだその本、置いてあったりするのかなぁ。





え、それで結局この「基礎英文問題精講」は買ったのかって?
いやいやそんなワケ。700~800円と結構お値段したし。そこまでガチで英語勉強したい気は少なくとも今のところは全然ないし。
元あった場所にちゃーんと戻しておきました。。。
2016.04.10 Sun l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いきなりだが、ワタシFlatは人との雑談・トークが苦手である。
何かしら面白い話、相手が興味を示してくれそうな話を切り出そうと頭を動かしてみるが、なかなかいい話を始めることが出来ない。

トークが上手い人はいつも発想力やアドリブ力に長けていて、瞬時にその場で面白い話を思いつき周りに披露する。
頭の回転が早い人ほど聞いていて楽しいようなトークを、その瞬間瞬間に迅速に組み立てて、それをサッと外に切り出せる。

トーク力の高い人間というのは、すなわちアドリブ力の高い人間である。
面白い話が出来る人間になるには、まずそのような瞬間的な発想力を鍛える必要があるのだ。




…というのが一昔前までの自分の考えだったんですが、ここ一年ほどの間で必ずしもそれが正しいわけではないんだなー、と実感することが増えました。
それを実体験(と言っても話す側ではなく聞く側ですが)を交えつつ、色々振り替えてみようと思いマスっ!!


会社での呑み会。
社会人にもなると、様々な場所でその機会が訪れます。

昨年度から社会人となったわたしも、この1年間いろいろなひとたちと呑み会に行きました。
業務の都合上、基本的には同じ人・グループの呑み会になることは少ないんですが、例外でひとりだけ。お酒の場ではいつも一緒だったひとが存在します。
それは 『会社の同期』 です。

その同期は、一言で表すなら 『要領の滅茶苦茶いいチャラ男』 です。
基本女好きで女の子にはとりあえず積極的に話しかける、かつ『ダサいこと』を極端に避けるので仕事もミスなく・要領良く・最高率を求めてテキパキとこなしまくる。
同期としての視点で見ると、仕事はデキるわトーク力もたけーわでコチラの立場が辛いことこの上ないです()
ついでに色々あって彼の実年齢は同世代の自分よりだいぶ上なんで、その点でも社会経験の差が明確に出てきますよねぇ…。

そんな、同期でありながらも実質的には社会人としてのお手本となるような人がいつも間近にいました。
そして当然、基本仕事も一緒なのでお酒の場でも同席することがほとんどなワケで。
席が隣同士ってことは少人数の呑みでもなければそんなにないですが、それでも対岸側の斜め前とか隣のテーブルだとか、比較的彼の話が耳に入ることは多かったです。

さて、そんなトーク力の高い彼の話を直接聞いたり、あるいはちょい遠くから盗み聞きしていると…

していると…



とある日の呑み会
同期「ぼく最近○○が××で、△△なんですよねー。んで□□だったんですよw (聞いてるひとたち爆笑) 」




うわもう流石ですわ。話の組み立てがなんかすっげーうまい。
話の入り、引きつけ、そしてオチまで完璧すぎる。
いったいどうやってそんな話一瞬で考えてるんだ…!?



別の日・別の方との呑み
同期「ぼく最近○○が××で、△△なんですよねー。んで□□だったんですよw (聞いてる相手大笑い) 」




あ、前の別の呑み会でも言ってた話してるなー。
内容めっちゃおもろいもん、どこでその話しても笑いとれるんだな。



さらに別の日・別グループとの呑み会
同期「ぼく最近○○が××で、△△なんですよねー。んで□□だったんですよw (聞いてるひとたち爆笑) 」




また、同じ話を、している?
もちろん完全に台本を見ながら話してるわけではないですから、ちょっとした言い回しで差異が生じたりっていうのはあると思います。
しかし、切り出している話のおおまかな流れはどれもほとんど変わらない。



このとき、この年になってようやく気付いたんですよ、
話が上手いっての人は必ずしもその場で思いついた話を展開しているだけではなく、
事前に頭の中で用意していたネタを切り出すことだって戦略のひとつとして使っている
、と。

こんなこと言うと「今更になって分かったの!??!?」と思っちゃうかもしれないですケド、しかし知らなかったっていうのが事実です() それも知らないようなレベルだったからこそトーク力皆無だったわけです()
いつもトークのネタを用意しているってのは何も芸能人やお笑い芸人だけの話に限らず、普段世間話をするような場でも十分有効なんだってことを身をもって体験しました。いや、何度も言うように話す側ではなく聞く側としての体験ですが。

もちろん、ガチでトーク能力が高いひとはその場その場で臨機応変にネタをひねり出して笑いをとるってこともしてると思います。
相手のボケに対してのキレあるツッコミなんて、鮮度100%のその場仕立てだと思いますし。
ただ必ずしもそれだけではなくって、あらかじめネタを用意しておくっていうのも戦略のひとつなんだなーって分からされました。



トーク力を高めたいんだけど、アドリブ力もないから結構絶望している…
そんなあなたは、まずいつでも使い回せるようなネタを用意してみることから始めてみるのはいかがでしょうっ!
瞬間的な発想力がなくとも、面白い話がデキるひとになれるかもしれませんよっ!

…自分もう23なんだよなぁ…なんでそんな単純なことにも今まで気付けなかったんだろうなぁ…
2016.04.09 Sat l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久しぶりでーす!
いよいよ4月、年度が変わっちゃいましたねぇ。月日が経つのは早い早い。
わたしもリアルの方で入社式やら呑み会やら友だちとの邂逅やら呑み会やらがあったりして、PCを開くこと自体ここ1週間以上全然ありませんでした。
久々に開いたので、テキトーに記事投稿なのですっ!


さて突然なんですが、最近ちょっと『月』について知識を蓄えたりする機会が色々なトコロでわりとよくある気がします。
せっかくなので備忘録の役割も込めてこのブログに色々と「雑学」程度にですが関連用語の意味だとかちょっとした小話だとかをまとめてみようと思います。
月についての伝説とか逸話とかって結構いろいろ揃ってたりするので、興味が出てきた方は自分でもググってみたりすると様々な知識を増やせて面白いですよっ!

※この記事の内容は大体いろんなとこで得た知識をそのまま書き綴ってるだけです。
もしかしたら間違いがある可能性もありますが、それについてはご了承ください。


◆望月(もちづき)
満月のことを指す。
つまり別称といったところ。


◆静かの海
月の海のひとつ。
「月の兎」の頭の部分であるのだとか。


◆月の海
月の表面で、黒く濃く見える部分のことをそう言う。
地球の海のように、本当に水があったりするわけではない。


◆月の狂気?
月は人間に対して悪い影響を及ぼすとか、月は人間を狂わせる…とか言われることもある。


◆Lunatic
月が人を狂わせる、という言い伝えが転じて「(月(=luna)によって)狂った人間」のことを lunatic と呼ぶようになったのだとか。


◆アポロ13号
3度目に行われた、有人での月面飛行。
1970/4/11の13:13に発射されるが、途中で起きた事故により本来の目的であった月面への到着を断念する自体に。
13=不吉 という観念を打ち破る意味も込めてのこの時刻の打ち上げであったが、それをあざ笑うかのような不運を呼び寄せてしまった。
しかし月面への到達には至らなかったものの、乗員はなんとか無事地球に生還することに成功している。


◆月の兎について
「月に兎がいる」という伝承、およびそれにまつわる伝説のことである。
中国では玉兎(ぎょくと)とか、月兎(げつと)などとも言われるのだとか。
大元としては、月の模様が「兎」に見えるということが始まりとされる。
日本では兎が杵で餅をついているものとして伝えられている。
「望月(もちづき)」と「餅つき(もちつき)」をかけている、とする説も。


すいません、そんな大した量まとめられてないんですけどわりと遅くなっちゃったしお酒も回ってきたので今日はこの辺で。。。
今週末までには、わたしが最近やり始めたとある趣味(にしたいこと)についてお届けする記事も書きたいですねー!
2016.04.08 Fri l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ちょっとした小話。

実は今月、21日辺りの時点でぼくのスマホに通信制限がかかってしまったんですよね…!
(正確には通信量を家族共有するようなプランに入ってて、家族の誰かが使いすぎたって話なのですが…まあ今回の本題とはほとんど関係ないことなので割愛。)

といってもまあ、wifi回線を使えばネットを使ったやりとりなんてそれなりに出来るもんなのです。
そう、ぼくも手元にwifi環境があります。
マンスリーマンションが有償で提供してくださっているポケットwifiを使っているのでそこまでいい回線ではないですが、それでも制限のかかった携帯の通信環境よりはいくらかマシでしょう。







あれなんかポケットwifiが不調なんですががががが。。。
ずっと圏外を表示し続けてるんですががががが。。。


というわけでここ数日、ネットとの接続をほぼ断念せざるをえないような状況が続いていました。
ブログへの記事投稿がしばらくなかったのもそのせいですねー。
今日ポケットwifiを貸してくださってるマンション会社に電話して対応して頂いたので、今はもうとりあえず接続出来るようになりこうして記事を書くことが出来ているのですが。


実際に経験してわかったんですが、ネットから離れた生活は思った以上にキツい。
普段ネットに依存した生活をしているだけになおさら。

まず、あまり関係ないように思えるゲームでも結構制限を食らうものが多い。
コンシューマーゲームはネットに接続する内容のものは勿論プレイ不可。
また、ゲームの更新などもネットを介してやることは出来なくなりました(同人ゲームのパッチ当て等も同じく)。
スマホの回線は完全に使えないわけではなく速度制限がかかってるだけなのでスマホゲーはプレイできなくはなかったんですが、しかしアップデートがあったりして大きめのダウンロードを求められるものはもうやってられないですね。
なので最近はモンスト他いろいろなスマホゲーにログインすらできてないです。かろうじてデレステは生きてる。

他、ネット閲覧やスカイプなどの利用も一切といっていいレベルで出来なくなるわけです。
うーん、正直な話それらがあって当然な生活を今までしてきたからめちゃくちゃキツい…!
休日ならそれらを諦めて外に出かけようとか考えることも出来るんですが、逆に平日のしごと終わりとかは結構暇してましたねー。
たぶんしごと終わって帰ってきて、ご飯やお風呂を済ませたあとはすぐ寝ちゃってたと思います。もしくは読書とか。


普段便利なものに依存しまくってる都合上、それが無くなったときにはスゲー不便な生活を強いられることになるんだなーと実感しました。
依存しすぎもよくないんでしょうかねぇ。かといって今更生活を変えられる気もしないし、そもそもそんな気が起きないですが。
便利だからこそ使ってるんだヨ!!
2016.03.27 Sun l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近ふらっとさんがややハマっていること。
それは…

20160321201127680.jpeg 2016032120112873c.jpeg

音楽ゲーム、通称『音ゲー』!
最近たまに記事を書いているデレステもそうですが、音楽に合わせてボタンを押したりするタイプのゲームです。
音ゲーはゲーセンにも豊富に置いてあり、行けば色々な音ゲーを楽しむことができますね。

そんなゲーセンに置いてある音ゲーの中でも、KONAMIのものを中心にプレイしています!
慣れないながらも興味のあるゲームを色々手出してる感じ。
それぞれプレイしてみての感想?反省?を下に書いていこうと思います!



◆SOUND VOLTEX(ボルテ)
ボルテはコナミ音ゲーの中でも、特に東方アレンジの曲が豊富な印象がありますね。
おかげで自分としては一番プレイしやすいです。接しやすい…

今のところの悩みとしては、『つまみ』の操作が慣れないですねぇ。
うまく掴めないときは手の甲で回してることも多々あります。なんじゃそりゃ。
何度も繰り返しプレイして、感覚を掴んでいくしかないんでしょうなぁ。

この記事の一番上の写真は今日プレイしてきた一部のリザルトです。
とりあえずこのレベルはなんとかクリア出来るようになってきました(曲によって出来ないものとかもありますが)。
Lv10以上は…ちょっと今のところ手を出すのが怖いですねぇ。


◆pop'n music(ポップン)
押すのは9つのボタンだけなので、比較的シンプルな音ゲーですよね。
そう、操作方法としては9つのボタンを押していくだけ。

しかし9ボタンつらい。つらい。ただひたすらつらい。
特に筐体の奥側にある黄色と青色がつらい。押せない。いちいち見ないと場所が把握できない。頭が働かない。
最悪そのふたつ放置して勝手に5ボタンモードもどきでプレイしてることもたまにあります。
ここは慣れていくしかないんだろうなぁ…。


◆jubeat(ユビート)
3~4年くらい前にだいぶ流行ってた記憶があるこのゲーム。
音ゲーは音ゲーでも、譜面があるわけではなくもぐら叩きのような要領で楽しめるので、他と比べて特殊な印象がありますね。

自分がプレイすると押すときに力が強すぎるのか、しょっちゅう指先が痛くなります。
ボタンをかるーくタッチしていくクセをつけなければ…。


◆GITADORA(ギタドラ)
ギタドラは主にドラムの方をプレイ中。
ドラム叩くのに興味ありつつもお金や場所のこと考えるとちょっと手を出しづらいなぁ、と思ってたのでお手軽になんちゃってプレイできるこのゲームは自分にとってとてもありがたい存在です。

実際プレイしてみての感想ですが、なんかスティック捌きがぜんっぜん上手くいかないですね。
酷いときは自分の体ぶったたいてる。それただ単に運動音痴なだけなのでは
とにかくアレだ、慣れだ慣れ!



総合するとつまり「習うより慣れろ」ってことですねハイ…。
上手い人は大抵それだけの努力も積み重ねてきていると思うので、その領域に到達したいのであれば自分も頑張り続けるしかないんですよねぇ。

音ゲーはガチ初心者な自分ですが、廃人レベルとまでいかずとも難易度高い曲をなんとかクリアできる程度には成長したいしょぞんでありますっ!
2016.03.21 Mon l 雑記帖+未整理記事 l コメント (0) トラックバック (0) l top